青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Kapchorwa Hospital

配属先(職場)は、カプチョルワ県唯一の総合病院であるカプチョルワ病院です。
ウガンダの病院には公立病院、NGO病院とプライベート病院の3種類ありますが、カプチョルワは田舎で人口もそれほど多くないので公立病院である当院しかありません。
あとは町に3件ほどクリックがあるだけで、そのクリニックの診察も当院のクリニカルオフィサーが兼任している形です。
つまり当院はカプチョルワの医療の要といえると思います。

そんなカプチョルワ病院、病床数公式データは57床なのですが、実際は100床のベッドがあります。というのも1966年に建設された古い病院で最近の人口増加に対応できておらず、ベッドを規定以上入れて無理やり100床にしてしまっています。
外来の診療は一般内科、眼科、耳鼻科、精神科、整形外科、歯科、HIVクリニックがあります。しかし医師は1人しかいません。
ウガンダでは、医師とは6年制大学に行って1年の臨床研修を受けた人のことを言い、それとは別にクリニカルオフィサー(C/O)という職種があります。
C/Oは3年制の専門学校を卒業した人で外来の診察と処方をしています。
入院診察と手術は医師が行っています。

c0190147_2112890.jpg

私の所属は薬局です。薬局には5名のスタッフがいますが、薬剤師はいまだかつてカプチョルワ病院に存在したことがありません。
ちなみに私はカプチョルワ県初の薬剤師だそうです。
ウガンダでは薬剤師不足がかなりの問題で、大学に薬学部ができたのも20年ほど前で、多くの公立病院に薬剤師がいないそうです。
で、どうしているかというと、3年制の専門学校を卒業したディスペンサーといういわいる調剤助手の資格が存在して、その人たちが薬局で働いているようです。
カプチョルワには今までディスペンサーすらおらず、スタッフはEnrolled Nurseというこれまた3年制の専門学校を卒業した準看の資格を持つ3人と、Pharmacy Orderlyという薬局の事務屋?1人と、なんとキッチンスタッフ1人で構成されています。
キッチンスタッフはもともと食堂で働いていたのですが薬局の人手不足プラス食堂閉鎖にともない薬局スタッフとして受け入れられたようです。


さて、仕事の内容ですが、まずは調剤。日本と違って処方箋は手書きで単なる紙切れです。
薬歴の管理はありません。
ただ患者さんが自主的に過去の処方箋をとっている場合は薬歴が見れるという状況です。
そして外来カルテはありません。
処方箋(と言う名の紙切れ)に診察と診断と治療を書き込んでいます。

が、私は上記クリニカルオフィサー(C/O)の診察能力にかなり問題があると思っています。
処方箋の内容を見る限り、正しく診察できているとは思えない状況です。
たとえば、同じ処方内容が何人も連続したり、小児に対する薬容量がさじ加減であったり各C/Oによって異なったり。
日本ではすべてがコンピュータ化されていて薬容量や相互作用など疑義照会する機会が少なかったように思いますが、ここでは疑義照会する機会がかなり多いです。

c0190147_2132074.jpg

そして、実際の調剤はバラ錠を小分けパックに入れる手作業です。
来る前に想像していた以上に薬の種類は揃っています。
ただ日本のようにPTPシートに入ったものは高いので公立病院で買えるのはボトルに直接錠剤が入った、いわゆるバラ錠がメインです。
薬の製造元は、インド、ケニア、中国、そしてウガンダ産で、ほぼすべての薬がジェネリック薬です。たまにイギリス製造のものも見かけます。

公立病院で扱うこれらの薬は政府(保健省)が輸入を取りまとめていて、保健省の下部組織であるNational Medical Store(NMS)という卸施設が供給、管理を行っています。


半年働いてみて一番の問題を感じている点は、薬の調達です。日本の病院だと毎日発注、翌日入荷なんて当たり前ですが、さすが途上国、そう簡単にはいきません。
今のところ当院はNMSに3カ月に一回発注しています。
ここできちんと3ヶ月分を決められた日に持ってきてくれればまだいいのですが、問題は「発注してもいつ来るかわからない(たぶん3ヶ月くらいしたら持ってくるだろうという感じ)」、「発注した薬が在庫切れのことがよくある」、ということです。
この点にはかなりストレスを感じてしまって、何度も病院のスタッフと話をしていますが、病院だけの問題ではなくすでに国家レベルの問題にまでかかわってくるので私の力ではどうしようもない感じです。
この薬の調達がうまくいかないせいで、患者さんに薬を渡すことができない。。。
患者さんに薬がないと言うことが当たり前になってしまっている、患者さんもそれを当たり前に受け取っている。他にもまだまだ問題はあるのですが、これが一番悲しい状況です。
何とかこの状況を変えるべく頑張っているつもりです。
ちょっと専門的な話になりすぎましたかね?
今回はこの辺で。また次回に詳しくお伝えしたいと思います。
[PR]
# by yuki_nov14 | 2008-12-27 21:23 | Work

KAPCHORWA

そんな首都から遠く離れたカプチョルワですが、赴任してみて最初に感じたことは、「寒い」ということです。カプチョルワはウガンダで2番目に高いMt.Elgonの中腹にある県で標高が1885mのところにあるため、日中でも長袖で過ごせるほど涼しいです。
現地のウガンダ人もカプチョルワはすごく寒いといつも言っています。
カプチョルワの人はとってもいい人ばかりで、とてもフレンドリーで温かく迎え入れてくれました。カプチョルワに日本人ボランティアが派遣されるのは初めてのことで、みんな最初は旅行に来た外国人だと思っていたようですが、最近ではカプチョルワに住んでいる日本人として認識されつつあり、英語ではなく現地語の「ククサビン」で挨拶をしてくれます。c0190147_2053053.jpg
[PR]
# by yuki_nov14 | 2008-12-27 20:53 | Life

LIFE in UGANDA

ウガンダは赤道直下の国ですが標高が高いため平均気温は21℃でとても過ごしやすい気候です。
ウガンダ到着後1か月ちょっとは首都のカンパラで現地語学研修を受けたり各省庁を表敬訪問したりして過ごしました。
他の同期退院は7月14日に任地に派遣されたのですが、私は保健省で薬剤師の専門的な研修を1週間受けてから任地に赴任…の予定でしたが、任地での住居が準備できていないということで、しばらくカンパラで悶々とした日々を過ごしていました。
ようやく赴任できたのは8月11日のことです。
任地のカプチョルワは首都カンパラから東へ275km、「いい車」で約5時間かかるところにあります。ウガンダ隊員の中では首都からの遠さでは1、2を争う僻地です。
「いい車」でと書いたところがポイントで、いい車というのはJICAで借りてもらったレンタカーを使用した場合のことで、普通にローカルの公共交通機関を利用すると7時間はかかります。運が悪ければ8時間以上かかるときもあります。
ローカルの交通機関には、マタツと呼ばれる乗合タクシー、長距離バスがあります。
マタツはワゴン車のことで定員約15名のはずですが、普通に20人以上は乗ります。
長距離バスは定員60名くらいで定員以上は乗せないことになっています。
ちなみにウガンダの移動では待ち時間が付き物です。マタツもバスも特に出発時間が決まっておらず、満員になるまでひたすら待ちます。
というわけで、運が悪ければ8時間以上かかるのです。
日本の交通機関は素晴らしいですね、1分の遅れも許されない。
このAfrican Time、生活上はもう許せるようになったのですが、仕事となるとやはりかなりイライラしてしまいます。
日本に帰る頃にはすっかり慣れてしまうのでしょうか??
c0190147_20254226.jpg

(乗合タクシーのマタツ、水色のペイントが印)

c0190147_2033045.jpg

(大型バス)
[PR]
# by yuki_nov14 | 2008-12-27 20:33 | Life

ブログ始めました。

みなさん、お久しぶりです。
ウガンダにきて早半年が経ってしまいました。
ウガンダでの生活にもすっかり慣れて、健康面でも問題なく元気に過ごしています。
時間が過ぎるのは本当あっという間で、もっと早くウガンダの様子をお伝えしようと思っていたのですが、遅くなってしまって申し訳ないです。
少しずつですがウガンダで青年海外協力隊 薬剤師隊員としてどんなことをしているのか少しずつお伝えできればと思います。
c0190147_2035635.jpg
[PR]
# by yuki_nov14 | 2008-12-27 20:08