青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

From Japan

ずいぶんしばらくブログの更新が止まってしまっていました。
そして更新しないままに、日本に帰国してしまいました。

6月20日にお世話になったカプチョルワを離れ、
6月23日にウガンダを離れ、
6月24日に日本につき、
7月3日に広島に、家に帰ってきました。

空港にはわざわざ300km離れたカプチョルワから4人もスタッフが見送りに来てくれました。
最後の最後まで一番近い存在だったカウンターパートであり、薬局長であるShabanと最後に空港でHugしたときはやっぱり涙が出ました。彼とはいつも薬局のこと薬のこと病院のことについて一番真剣に話し合ってきたから。お互いに存在が重要だったというか。。。彼なしでは私の活動はあり得ませんでした。
ちなみにShabanはこの日人生で初めて空港に来たそうです。
c0190147_23123870.jpg















その前に、病院勤務最終日でも号泣、その日の夜にあった私の送別会でも号泣。
いつも予算不足で困っている病院なのに、わざわざホテル会場を借りての送別会。
そのことを思うと本当に涙が止まりませんでした。
その後2日くらい目が腫れて大変でした。

2年間元気に楽しくウガンダで過ごし無事日本に帰ってこれたことに本当に感謝しています。
まず最初にウガンダでお世話になった日本人関係者の皆さま、そして私をとても大事にかわいがってくれたカプチョルワの人々、カプチョルワ病院のスタッフみんな本当にありがとうございました。

c0190147_2314491.jpg















日本で待っていてくれた友達、温かく受け入れてくださった職場の皆様、本当にありがとうございます。

c0190147_23154421.jpg

c0190147_2317586.jpg
















そして、2年間ずっと支え続けてくれた両親、本当にありがとうございました。
実家に帰った日の歓迎ぶり、一生忘れません!こんなサプライズがあったとは、大爆笑だった!
c0190147_23175313.jpg




すでに仕事に復帰して、今はとにかく2年のブランクを取り戻すべく必死に仕事を覚えています。
ふとカプチョルワが懐かしくなるけども、今はとにかく目の前のことをこなすので精一杯です。
とはいっても、今後も何かの形でアフリカと、ウガンダと、カプチョルワと関わっていきたいなと思ってはいます。いつのことになるかわかりませんが。。。
あんまり更新もできなかったこのブログですが、これにて終了です。
本当はもっともっとウガンダのこと伝えたいのですが、また別の形になるのかなと思っています。
日本に帰ってきて、意外に読んでくださっている方が多いことを知りました。もっと更新すべきでしたね。すみません。そして本当にありがとうございます。

参加前はずいぶん悩んで、いろいろ心配していたウガンダ生活も、今ではカプチョルワは本当のふるさとのような感じで、本当に協力隊に参加できてよかったと思っています。
最後にもう一度、支えてくださった皆様本当にありがとうございました。
Thank you, Asante, Webale nyo and Keitabon!!!!!!!!!!
c0190147_23334621.jpg


[PR]
by yuki_nov14 | 2010-07-15 23:37 | Life