青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Emergency Cupbord

先日なんと半年ぶりに行われた病院のMedicine&Therapuetic Comittee(本来月1回 涙)で、
突然議事の中に「Communication from Pharmacist」という項目が入っていました。

普段の流れは
1.Opening Prayer(キリスト教徒が多いのでお祈り)
2. Communication form Chair(院長からのお話)
3.Review of Minuite(前回議事録の承認)
4.Reaction and Discussion about 2 and 3(いわいる質疑応答とディスカッション)
5.Way forward(次回会議までの改善策など)

今までそんなのなかったぞ?
いきなり振られてびっくりでしたが、今まで英語に自信がないため大きな会議で発言するのは
避けて通ってきたのです。
もちろん普段の仕事や薬局の会議、院長に提案したい時とかはがんばってしゃべってますが。

でもまぁ指名されたら断れない。いまだにめちゃくちゃな英語で頑張ってしゃべりました。

その中で私が提案したのが、Emergency Cupbordの機能化。
Emergency Cupbordというのは何かというと、うちの病院では特定の注射薬をストック薬として病棟に置いているだけなので、夜間、休日に新規入院した患者さんや処方変更があった場合は、患者さんに病院の外の薬局で買ってもらうしかない状況でした。

残念なことに、アフリカならどこの国でも問題とされているスタッフによる薬の盗難があるため、すべての薬をストック薬として病棟に置くことはできない状況です。

日本にみたいに薬局の当直制度はないので、Emergency Cupbordの役目はつまり薬局当直の代わりってことになります。


私が病院に赴任する前までEmergency Cupbordは一応は機能していたようなのですが、私が来る直前に機能が消滅してしまった様子。
そのためこの1年間、夜間、休日の患者さんで薬を買えない人たちは、薬局の業務開始を待つしかない状況でした。

Emergency Cupbordがなぜ機能しなくなったか、それは夜間当直のナースが引き継ぎをさぼって、
薬の管理がぐちゃぐちゃになったかららしい。
つまり、人的原因で患者さんはきちんとした治療を受けれなくなっていたのです。

それは悲しすぎる。
管理さえきちんとすればEmergency Cupbordは患者さんにとってもナースにとっても有効なものなのに。

というわけでこの提案はMTC meetingで承認され、さっそくナース会議で取り上げられ、スタートしました。
今まで1年以上眠っていたこの機能が、私の提案からわずか1週間半で機能化までこぎつけました。
こんな早く行動できるなら、もっと早く提案しておけばよかった。
そして、もっとMTC meetingが活発に行われていたなら提案する機会ももっと早かったかもしれないのに。

とにかくスタートさせるのは簡単。Emergency Cupbordにおく薬を選定して、数も決めて。
問題は夜間当直のナースがみんな責任を持って、ストックカードに記載し次に引き継げるかどうか。
こればっかりは働くナース個人の責任にかかっています。

どうか、うまく機能しますように。
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-10-09 23:48 | Work

ボランティアという目線

気がつけば任期もあと8か月とちょっとになってしまった。
こないだ1年切ったなぁと思ったばっかりだったのに。やっぱり外国にいても日本にいても時間がたつのは早いんですね。

今までの1年4か月で何ができたか、何が変わったかを考えてみたとき、自分にはそんな大したこと出来ないんだなぁって実感している今日この頃です。

ボランティアというのは、専門家ではないから、たとえ専門職であってもやっぱり影響力というのは小さいのかと思ったり。

それでも、この1年ちょっとの間で一人の同僚がものすごく変わった、いい方向に変化したことが、多少なりともボランティアの力なのかもと、すこしだけ自分の力を過剰評価してみたり(笑)

その同僚というのは、ストアキーパーのMr.Kiplangat。
ウガンダの病院では、病院全体のモノ(医薬品、医療材料、文房具など)を管理するストアがあります。
薬は2か月から3か月間分くらいをまとめて首都の卸で買って、ストアで保管し、薬局を含む各部署は1週間に一度ストアにオーダーするという方式になっています。
なので、病院全体の医薬品管理を行うには、ストアとの連携が不可欠、つまりストアキーパーの仕事がキーになるのです。

赴任当初、ストアキーパーは鍵を持ったまま病欠したり、首都に出かけたり、薬局からオーダーした薬を間違ってSupplyしたり。
「ストアに薬があるのに患者にストックアウトと言って買わせるのはおかしい!何でストアあけてくれないの!」とケンカもしたことも。
薬を間違えるのはしょうがない、彼は医療従事者ではないから薬の名前に不慣れなはず。
「だったらストアの薬をアルファベット順にきちんと整理してわかりやすいようにしよう!」と何回も相談したがなかなか実行されず。

そんなこんなでも、まぁなんとかうまくやろうと頑張ってきた結果なのでしょうか。

彼が変わったなぁって思い始めたのは、いまから半年前くらいだったと思います。
首都カンパラに薬を買いに行くときは、アドミニに鍵を渡していく、オーダー日に自分がいないとわかっていたら私に知らせてくれて、今日オーダーしろと指示してくれる、
オーダーした薬を薬局に供給した後、間違ってなかったかどうかチェックしにくる。
そして、6月にはストアの薬をアルファベット順に並べ替え、すべてラベリングするという作業を一緒に行いました。

その結果、薬局への供給がスムーズになり、今まで結構実在庫数と報告数があってなかったこともあったけど、在庫管理も向上しました。

普段薬局にいるので薬局スタッフと過ごす時間のほうが長いのですが、でもストアキーパーが一番変化があった人だと実感しています。

こういう変化があると、上の立場に立つ専門家ではなく、やっぱり同僚と同じ目線で仕事ができるボランティアできてよかったなぁと思います。
c0190147_2333187.jpg


c0190147_235139.jpg
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-10-09 23:08 | Work