青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

服薬指導

服薬指導って大切だなって思った出来事がありました。

先日、当院で処方された患者さんでペッサリー(膣錠)を内服薬と間違えて飲んでしまい、
病棟に入院した患者さんがいました。

原因は明らかに服薬指導不足。
こちらでは日本のように外用薬専用の薬袋などなく、内服薬と同じプラスチックパッケージに入れて投薬します。前から危ないなぁと思っていたのですが、ついに恐れていたことが起こってしまったのです。
でも薬局のスタッフは、私が赴任した当初からペッサリーの使い方については、丁寧に服薬指導していて
問題ないと感じていなのですが、なぜこの事件が起こってしまったのか?

考えられることは、いつも薬局は忙しくしてるのでいろんな部署のスタッフが薬局にヘルプに来てくれるのですが、その時薬局スタッフ以外のスタッフが投薬していたのではないかということです。

以前に薬局ミーティングで、薬局以外のスタッフが投薬するとき、処方箋と調剤された薬の内容をしっかり確認せずに違う薬を患者に渡している場合があるのでヘルプしてもらうのはやめるよう話し合ったのですが、
実際にほかの部署からヘルプにきた場合でも、薬局スタッフが誰も注意せず見逃していたのです。

そして今回の事件。

起こってしまったことは元に戻せないので、もう起こさないように改善しなければ。

ということで、最近他の部署からスタッフがヘルプに来ても断るようにしてます。
たぶんウガンダ人同士だと言いにくいところがあるようなので、なるべく私が言うようにして、
そして薬局長にも注意してもらうようにお願いして。


そんな中、うれしいことがありました。

ある薬局スタッフが患者が薬局の前で待っている待合時間を利用して、
自発的に外用薬の説明を行っていました。
現地語で説明していたので内容はあんまりわからなかったけれで、
今回のペッサリー事件をきっかけに、外用薬に焦点を当てて、
ペッサリーを内服しないように、ローションをシロップと間違って飲まないように
といった説明をしていました。

今いる薬局スタッフはEnrolled NurseとPhamacy Ordelyというどちらも薬局業務を専門で学んだスタッフではないのですが、でも服薬指導の重要性をすごく理解しているという証拠だと思います。

もっともっと服薬指導を充実させるべくスタッフと情報を共有したいと思ったのでした。

(服薬指導をするスタッフ)
c0190147_2134522.jpg
(真剣に聞いている患者さん)


c0190147_2171220.jpg
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-05-27 02:19 | Work

Meetingジレンマ

最近うまくいかないことが多いです。
何かと言うと、予定が予定通りに行かないこと。

前述のファーマコビジランスをどのように当院で進めていくべきかの話し合い、院長、看護部長の両方に出席してもらいたい大切な話し合いなので、双方の予定を合わせようと何度も何度もスケジューリングをしたけども、二人とも忙しくてできないまますでに1か月以上時たってしまった。

先日はディストリクト(県)レベルでMTC(Medicine and Therapuetic Comittee) Meetingが開かれるはずだったのに、結局Ministry of Healthからのファシリテーターが来なかったから結局ドタキャン。

毎週木曜日は薬局のWeely Meetingの日だけど、Weeklyとは名ばかりで、1月頃から提案して実際に開いた回数5、6回。

こうもう予定通りいかないとちょっとやる気を失いかけてしまいます。
まぁそんなの1年近くもたって慣れっこなんですが、でもやっぱり少し納得がいかない。

ファーマコビジランスも、MTC Meetingも、薬局Weekly Meetingも、ただの形だけの会議ではなく、
今ある問題を包括的に解決する一番いい場だと思うんです。

今ある問題は病院全体、いや、県全体のいろんな問題が合わさって生じているから。

1年近くここにいて思うことは、
みんな問題があることは十分わかっていて、でもそれを共有する場がないのが問題だと思っています。
そして問題を共有したとしても、そのミーティングがホントたまたま開かれたみたいな感じで、継続的ではないので、その場限りの問題提起で終わってることがすごい多い。

薬局Weekly Meetingはもともとは私が薬局のスタッフと医薬品情報を共有する場として提案したものだけど、
私の希望とは裏腹に、Meeting内で話し合われる議題はほとんどが遅刻と無断欠席をやめようっていうのばかり。
でも薬局Meetingを始めてから薬局のスタッフの働きぶりとか、問題意識とかが変わってきたと思っています。
朝の遅刻が減ったり、積極的に仕事をするようになったり。


だから継続的にMeetingをもって、問題を共有して解決策をみんなで探すことが
病院を変える一番いい効果ではないかと思ってます。


ただそれにはいろんな障害が。
まず、人手不足でMeetingをやろうとすると患者さんを診るスタッフがいなくなっちゃう。
そして、時間を守らないので、ずるずる開始時間が遅れ、みんな途中でお腹が減って集中力がなくなり早く終わりたがる。

もうすぐ1年たつけど、まだ目に見える成果はほとんどないけれど、継続こそ力なり。
根気よくMeetingを開くよう働きかけるっきゃない。
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-05-27 01:14 | Work

お金ではない何か。

c0190147_0514174.jpg

こんな贅沢していいんだろうか。

と、たまに罪悪感を感じることがある。


私はここにボランティアとして来ているけども、実際は生活費として同僚の給料の2倍以上のお金をもらっている。


そしてそのお金で贅沢な暮しをしている、と自分で思っている。
とはいっても、任地にいるときは全然贅沢なんかしていないと、自分では思ってる。
任地にいるときは、任地の人と同じようにローカルマーケットで100シル、200シルで野菜を買い、
任地の人と同じようにローカルレストランで1500シルのランチを食べ、夜たまに1700シルのビールを飲んだりする。
ちなみに最近のレートで1ドル=2200シルくらい。

だから任地にいるときはそんなにお金を使うことはない。

問題は首都カンパラに上がったとき。
毎回のように中華料理レストランで20000シル使い、こないだなんて一目ぼれで78000シルのカバンを買って、
無線LANができるレストランで10000シルのランチを食べながらおしゃれにカプチーノ飲んだり。

そして今回首都に上がった時は、企画調整員の方の送別会でカンパラ一高級といわれるセレナホテルで豪華ディナー。
一人100,000シル使った。

確かに日本円に換算すると安いかもしれないけど、任地の人の生活を考えるとカンパラではものすごく贅沢をしてしまっている。
そういう時、おいしいご飯を食べながらも、おいしいカプチーノを飲みながらも、
任地の人に申し訳ない気持ちになる。

ボランティアと言っときながら、超金持ち級の生活。
ある友達は言ってた。
カンパラにきて贅沢するのは普段任地で現地人と同じような生活をしてて疲れてるかも知れないのをリフレッシュするのにいいと思うって。
ある協力隊仲間は言ってた。
私たちのもらってる現地生活費は、任地で暮すためのお金ではなくて、カンパラで贅沢をするためのお金だって。

どちらも正しいと思うし、この現地生活費は日本国民の税金の中から出てるわけで大切にしないといけないのは当たり前だし、
こんなにいっぱい必要ないからと言っていくらまで減らしてくださいとも言えない。
同僚は私の2分の1のお金しかもらってないとしても、カンパラの大きな会社で働いている人たちや
うちの病院のアドミニストレーターとか看護部長は私と同じくらいのお金を給料としてもらっていると思う。
だからこの現地生活費が多すぎるのか妥当なのかよくわからなくなる時もある。

けど、やっぱりボランティアというならばこんな贅沢はしてはいけないのかもという気持ちはある。

以前のブログにも書いたと思うが、カウンターパートが言った言葉が忘れらなれない。
「自分たちは給料が安いから働く意欲がなくなっている。もし給料が上がれば働く」と。
だからと言って、自分の生活費を同僚の給料としてあげることはできない。
個人的にある特定の人にお金をあげても何も変わらないから。
ある友達は言ってた。
ボランティアっというのは一時的なお金ではなく、途上国が自立してやっていけるように技術面は人材面で助けることだと。

だから今思っていることは、もっと現地の人に貢献しないといけないということ。
お金ではなく自分にできることがきっとあるはず。

(写真:カンパラ一高級ホテルからの夜景)
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-05-12 00:52 | Life

こんな事件も起こる。

c0190147_1284195.jpg

ある朝病院に行くと、なにやらOPDのInjection Roomで事件があったようだ。

薬局のスタッフに「Injection Roomの注射を入れてる台車がMad boyにひっくり返されたから、薬のオーダーするのに証拠として見てほしい」と言われた。

一回目聞いた時は何のことやらさっぱりわからず、「えっ?」って聞き返す。

どうやら、精神科にかかってる患者さんが夜間にInjection Roomに入って、可動式の注射用台車を持ち出して、病院敷地内にほおり投げたらしいい。

そりゃたいへん、と見に行く。

見事に中はぐちゃぐちゃ、割れたアンプルやらバイアルやら損失大。

以前から病院の安全管理が問題になっていて、夜警備員が寝てたり、鍵が壊れっぱなしになってる部屋がいくつもあったり。
このInjection Roomも鍵が壊れてる部屋の一つ。
じゃあ早急に鍵を!って日本だったらすぐ解決するけど、どうやら今年度の予算では鍵はつけれないらしい。
2009年7月から始まる来年度予算では必ず鍵がつくらしい。

でも、こんな事件も普通に起きてしまうアフリカ、ウガンダ。

問題はほんといろいろある。

そして、昨日。
先週諸事情で中途半端に終わったメインストアのインスペクションをやる予定だったけど、
当のストアマンが首都カンパラにいるからできないことに。
このインスペクション、かれこれ私がザンビアに任国外旅行に行く前、そう、3月末からずっと延期延期でいまでに実行できていない。

で、昨日の理由は、薬を買いに行ったら車がカンパラで壊れて今ガレージで足止めを食らってるとのこと。

もう笑うしかない。

アドミニも 「Yuki, This is Africa.」と。

この"This is Africa." 毎回言い訳に使われてて、最初はそんなの言い訳にしないで!と思ってたけど、
1年近くたった今では納得。 

これがアフリカ。日本にいると想像できない事件がいっぱい起こります。
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-05-08 01:29