青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あと7か月ということ。

なんだか最近、活動がうまくいってるように感じない。

とは言っても、病院の状態は赴任当初よりずいぶん良くなってると思う。


今までにいろいろ提案してきたことは、定着とまではいかないけど、まぁまぁスタッフに浸透してきてて、
ストックカードも適当に書いてる人もまだいるけど、でも書かないということはなくなって、
ストアキーパーも毎週のWeekly Reportで在庫管理をしっかりやってくれていて、
当初に比べたらかなり進歩してきたかなぁと思ってみたり。

そして最近、もう一歩前進みたいんだけど、きっかけがない。

要は、自分のボランティアとしての協力の仕方の問題があるんだと思う。

自分の活動を分析してみて、1年目はカウンターパートである薬局長とかなり話し合いを重ねて、
私の意見と、彼の意見を両方取り入れながらいろんなことを進めてきた。

2年目に入って、彼との距離が少し遠くなってしまった気がしている。

原因の1つに、彼があまり薬局にいないことが挙げられると思う。
仕事には来てるんだけど、何かしらの用事(お見舞いとか私用とか)で薬局にいない時間が多かったり、
調剤の業務が忙しすぎたりで、なかなかじっくり話し合う時間が持てないでいる。

そしてまた原因の1つに、私がマンパワーとして働くことを受け入れてしまったことが挙げられると思う。
1年目は、マンパワーとして働くことがすごくいやで、自分が来た意味を見つけようと、
いろいろなことを提案してみた。
今、薬局のある1スタッフが欠勤の常習で1か月間に2日くらいしか出勤してこない。
その彼の穴を埋めるためには、私もマンパワーとして働かざるを得ない状況。
そうしていると、他の薬局のスタッフもなぜかさぼりがちになる。
なんだか、去年の今頃も同じような状況になってたな。
私一人を薬局に残して、みんなが消える。
もう慣れっこになてしまって、一人で働いてるけど。

でもこの半年間の自分の活動を見返してみると、何にも進歩していない気がする。

このままじゃだめだな。

もう一度、カウンターパートと向き合あわないとな。

アフリカンタイムもいいんだけど、私に残された時間は限られてる!
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-11-28 02:08 | Work