青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Tanzania旅行記4

c0190147_25930.jpg












キリマンジャロから無事下山して、筋肉痛とともにザンジバルへ移動。
来ました 海!海!海!!!!

何しろ海のない国ウガンダに住んでるので海が恋しくて。
1年ちょっとぶりに見る海。やっぱり海はいい。

ストーンタウン。
なんてきれいな街。アフリカだけどアフリカじゃない。
石畳でなぜか落ち着く街並み。

c0190147_210341.jpg
















ここでも同期隊員にお世話になりザンジバルを満喫。
きっと普通の旅行でいってたら知れないようなことも、隊員に案内してもらって経験できる。
同期隊員に連れて行ってもらったザンジバルの東海岸パジェでは、
日本人のホテルオーナー三浦さんにお刺身をごちそうになる。
こんなに刺身って美味しかったっけ?っていうほどおいしい。

c0190147_213126.jpg

c0190147_214533.jpg












パジェ。
協力隊に合格してウガンダに来ることが決まって地球の歩き方を買って、
開いて飛び込んできた写真。これを見て絶対にパジェに行きたいと思っていた夢の場所。
本当に夢のようなひと時だった。帰りたくないって思ったくらい。

c0190147_215148.jpg











こうしてタンザニアを満喫して2回目の任国外旅行は幕を閉じた。
任国外旅行に行くと感じること。
協力隊員なのに、こんなに贅沢して遊んでいいのか?
私がこうして遊んでる間、任地ではスタッフが頑張って働いている。
隊員として認められている制度ではあるけど、任国外旅行に来ないという手段もあるはず。
でもやっぱり、こうして贅沢してしまう。いけないことじゃないけど、どこか罪悪感がある。
遊んでいるだけじゃないのかもしれない。
ウガンダとは違うアフリカもあるし、似てるアフリカもある。
その国の発展具合も垣間見ることができる。
ほかの国の隊員にあって話すことで刺激ももらえる。
こうして感じたことを、自分の活動に刺激として取り入れて、頑張っていけばいいのかもな。

c0190147_2161353.jpg
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-08-15 02:01 | Leisure