青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

こんな事件も起こる。

c0190147_1284195.jpg

ある朝病院に行くと、なにやらOPDのInjection Roomで事件があったようだ。

薬局のスタッフに「Injection Roomの注射を入れてる台車がMad boyにひっくり返されたから、薬のオーダーするのに証拠として見てほしい」と言われた。

一回目聞いた時は何のことやらさっぱりわからず、「えっ?」って聞き返す。

どうやら、精神科にかかってる患者さんが夜間にInjection Roomに入って、可動式の注射用台車を持ち出して、病院敷地内にほおり投げたらしいい。

そりゃたいへん、と見に行く。

見事に中はぐちゃぐちゃ、割れたアンプルやらバイアルやら損失大。

以前から病院の安全管理が問題になっていて、夜警備員が寝てたり、鍵が壊れっぱなしになってる部屋がいくつもあったり。
このInjection Roomも鍵が壊れてる部屋の一つ。
じゃあ早急に鍵を!って日本だったらすぐ解決するけど、どうやら今年度の予算では鍵はつけれないらしい。
2009年7月から始まる来年度予算では必ず鍵がつくらしい。

でも、こんな事件も普通に起きてしまうアフリカ、ウガンダ。

問題はほんといろいろある。

そして、昨日。
先週諸事情で中途半端に終わったメインストアのインスペクションをやる予定だったけど、
当のストアマンが首都カンパラにいるからできないことに。
このインスペクション、かれこれ私がザンビアに任国外旅行に行く前、そう、3月末からずっと延期延期でいまでに実行できていない。

で、昨日の理由は、薬を買いに行ったら車がカンパラで壊れて今ガレージで足止めを食らってるとのこと。

もう笑うしかない。

アドミニも 「Yuki, This is Africa.」と。

この"This is Africa." 毎回言い訳に使われてて、最初はそんなの言い訳にしないで!と思ってたけど、
1年近くたった今では納得。 

これがアフリカ。日本にいると想像できない事件がいっぱい起こります。
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-05-08 01:29