青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Zambiaから帰ってきて。

c0190147_23473391.jpg

今回ザンビアに行って思ったこと。
ボランティアってなんだろう、国際協力ってなんなんだろうってもう一度考えさせられた。

そう思った最大の理由は、ザンビアがすごく発展していたから。
発展していたと感じた、というほうが正しいのかも知れない。

ウガンダにきて10か月たち、首都カンパラでは日本から輸入したランクル(中古だとは思うけどキレイ)に乗っているウガンダ人、
夜遅くまでクラブで踊ってるウガンダ人、高い携帯電話を持っているウガンダ人をたくさん見た。
同時に首都では道路の真ん中で物乞いをしている子供もたくさん見た。
そして自分の任地では、お金はないとは言っているけど幸せに暮らしている人、家は決して立派とは言えないけど携帯はすごいかっこいい高そうなのを持っている同僚、
夜パブでビールを10本も20本も飲んでいる人をたくさん知っている。

確かに協力隊は最貧困地域には派遣されていない。
比較的安全で比較的発展している地域に派遣されているから、本当の貧困を目にすることが少ない。
だから、ウガンダに来る前に想像していたアフリカとは違ったアフリカが見えるんだと思う。

ウガンダ人の友達の一人はこういった。
「ウガンダはお金はある。ただ使い方下手なだけ。」
確かに私も感じることがよくある。問題はお金ではない。
病院で働いていても、問題なのはスタッフの働く意識、意欲が足りないことだと思うことが多々ある。
薬局に関して言えば、朝早く来ればもっと仕事がはかどる、もっと在庫の数字に敏感になれば在庫切れだって避けれるなどなど。
私がいなくたって、この病院は動いていくし、患者さんも救われるんだろう。

同僚の一人はこういった。
「給料がもっと上がれば自分たちはもっと働く」
確かにその通りかもしれない。問題はお金なのかもしれない。
ボランティアという名のもとウガンダに来たけど、実際は同僚の2倍も生活費をもらっていてお金に困ることは全くない。
同僚や、病院スタッフがもっと一生懸命働けばこの病院は変わると思ってはいるけど、
給料が少ないことが働く意欲を減退させているならば、私がもらっている生活費を同僚の給料としてあげれば
私の存在なんか必要ないんじゃないだろうか。
c0190147_23484734.jpg

そんなことを考えていた時にちょうどザンビアに行くことができて、さらに疑問は深まった。
きっとザンビアがこんなに発展しているなら、ウガンダも10年先か20年先かはわからないけど、ザンビアと同じくらい発展すると思う。
ザンビアももちろん日本や他の先進国の援助を得たからこそ、発展できたのだと思う。
ウガンダももちろん日本や他の先進国の援助がないとやっていけないと思う。
でもその援助、ODAの莫大なお金は末端の、本当の貧困層にはなかなか届かない。
だからボランティア、草の根、NGOが必要なのだとは思うけど。
でも同僚の給料を上げてあげることは私にはできない。
物乞いの子供に今日生き延びるために500シリングはあげることができても、その子を学校に行かせてあげることはできない。

ボランティアってなんなんだろう。国際協力ってなんなんだろう。


c0190147_23505241.jpg
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-04-18 23:52 | Life