青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

MAMA'S CLUB

ずいぶん更新が遅れました。最近は予定が詰まっててゆっくりブログ時間がなくて。

2月19日から23日まで首都カンパラに上京していました。
ウガンダ協力隊員の隊員総会、先輩隊員の1年後活動報告会、20年度3次隊隊員の歓迎会などイベント盛りだくさん。
そして23日にはエイズ分科会のメンバーと、昨年のメキシコ世界エイズ会議で表彰された、ウガンダの団体MAMA'S CLUBの見学に。

MAMA'S CLUBは0-3歳の子供を持つHIV陽性のお母さんたちの集いの場を提供するNGOです。
旦那さんに陽性の事実を告白できなかった人、コミュニティで家から出ずにひっそりと暮らしてた人、
そんな陽性者同士が悩みを共有できる場所。
もともとはPMTCTを促進するために発足したNGOのようですが、それだけではなく陽性者の女性たちの収入向上を目指したクラフト作り、
そしてメンバーの中からリーダーを育てて、コミュニティでセンシタイズする活動などさまざまなことが行われていて。

一番印象的だった言葉。ある隊員が「何でMAMA'S CLUBに雇用と思ったんですか?」とママたちに聞いたときに帰ってきた言葉。
「Because I'm free here.」

私は今は一日中ずっと病院の中にいて、主に在庫管理ばかりに携わっているけど、
でも落ち着いたらコミュニティに行って活動してみたいと思っているのです。
だから今回のMAMA'S CLUBの訪問はその時のための予習かな。
まだ私の任地カプチョルワではMAMA'S CLUBの活動は行われてないんだけれでも、いつかカプチョルワでも発足できたらいいなぁと思いました。

参考にMAMA'S CLUB情報URLをつけてみます(英語ですが)
http://www.womensenews.org/article.cfm/dyn/aid/2835/context/archive
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-03-17 00:44 | Work