青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ネット

こんな風にブログができるのもインターネットができるおかげなんですが、
私の任地カプチョルワでネットができるなんてすごい!と
JICAのスタッフや他の隊員によく驚かれます。

というのも、カプチョルワは首都カンパラから遠く離れた田舎の小さな町で、
ウガンダのそういった田舎の町にはネットができる環境が少ない、
というかほとんどないのです。
同期隊員も自分の町でネットができる人はほとんどいません。

そんな中、こうしてネットができることはとても恵まれています。助かっています。
もしカプチョルワでできなかったら、近くの主要都市ムバレまで
タクシーで1時間半かけて行かないといけません。

で、カプチョルワでどうやってインターネットをしているかというと、
病院かネットカフェでネットにつなぐことができます。
ウガンダにJoint Clinical Research Centre(JCRC)というエイズ関係の団体があるのですが
病院にはそのJCRCの支援でネットが入ったということです。
だから病院でネットをつなげるとタダです!

でも、いつも仕事が終わって18時頃からネットをしたいと思っても、
もう病院の事務所は閉まっていることが多いので、
最近はネットカフェを利用しています。

ネットカフェと言っても日本のようなものでは決してありません。
カプチョルワにある郵便局の中にパソコンが5台くらい置いてあって、
そこでネットができるサービスがあるというものです。
ネットは30分=1500ウガンダシリングでできます。
(ちなみに最近のレートでは1米ドル=1950ウガンダシリングくらい)
私は最近郵便局のスタッフと交渉して、
1か月30000ウガンダシリングで使いたい放題という契約を結びました。
自分の家にネット回線を引いている他の隊員もいるのですが、
その人は初期費用がかなりかかっている上に、月90000シリングくらい
支払っていると聞きました。それを思うとかなり安いです。
もしムバレに行ってネットをすることを考えると、
片道6000シリング+ムバレでのネットカフェ使用料がかかるので
やっぱり格安だと思います。

こんな契約ができるのも、田舎の小さな町で、郵便局の人とすぐ友達になれたからですかね。
首都からかなり遠いけど、田舎の小さな町だけども、いい環境だと思います。
(これがネットカフェという名のネットができる郵便局。左は私のノートPCです。)
c0190147_21402420.jpg
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-01-11 21:42 | Life