青年海外協力隊20-1ウガンダ薬剤師からのちょこっとウガンダ便り。


by yuki_nov14
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あけましておめでとうございます。

2009年ウガンダで迎えました。
こちらのお正月はやはり日本のお正月とは違って、
お正月だからお餅、お正月だからしめ飾りというような季節ものはありません。
それを思うと少し日本のお正月が懐かしいです。

仕事も普通に31日まで働き、1日は祝日でしたが、2日からまた普通に働きました。

1日は職場の薬局の責任者であるShaban(シャバーン)の家に招待されたので
ウガンダ流お正月を体験しに行ってきました。

Shabanの家族、親戚一族は、親戚同士で助けあう組合のようなものを作っていて、
お正月はその会合があったのでShabanの親戚一同が集まっていました。

こうして親戚一同が集まるのは少し日本と似ていて楽しかったです。
会合では、親戚一同の中で子供の教育に困っている家があれば助けあうためにお金を出す、
教育はとても大切なので、なるべく大学を出て学位をとる人を増やそう。
そうすればいい仕事につけ、いい給料ももらえる。
そんな感じのことが話し合われていました。
大昔の日本もこんな感じで寄り合いとかやって、助けあっていたんでしょうね。

Shabanの親戚や家族がとても温かく感じられました。

2009年もウガンダで楽しく健康に過ごせるようにがんばります。
そして今年は活動(仕事)をもう少し頑張って、カプチョルワ病院の医療が
いい方向に向かうように力になれればいいなぁと思います。

(ウガンダの初日の出)
c0190147_2321395.jpg


(懐かしい広島の実家からの日の出)
c0190147_23221544.jpg
[PR]
by yuki_nov14 | 2009-01-03 23:22